【会館利用のお知らせ】

新型コロナ感染防止の規制について

※2021年9月28日付

 

 

年末年始の休館のお知らせ

  


12月27日(月)は休館日、28日(火)より1月4日(火)まで年末年始の休館日となり、1月5日(水)の開館になります。
大変、ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

前田 和 草木捺彩陶展

~草木の生命とともに~

  


 

 

日 時:令和4年1月25日(火)~30日(日)
    午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

 

主 催:前田 和(蒼土窯)

 

共 催:一般社団法人 くまもと工芸協会

 

入場料:無 料

 

 

内 容
 山野に自生する草木を採取して、半乾きの粘土に根から花びらまでを押し当て、草木の形状の写し取りに始まる蒼土窯。素焼後、表面の僅かな凹凸に、山野に自生していた時と同じように彩色を施して、本焼をする。前田和の焼き物には、草木の生命に感謝しながら、焼物の中にその生命を閉じ込めるというロマンがあります。草木の自然の姿を永遠に残そうというこの技法で誕生した作品が「草木捺彩陶」と呼ばれる所以です。
 今回の個展には、展示会のために半年をかけて製作した陶壁「繚乱の園(W3.5m×H2.5m)」をはじめ、湯呑、茶碗、皿などの食器類約100点を展示、販売します。前田が半世紀に亘って挑戦し続けてきたリアルな草花の描写をお楽しみ下さい。

 

 

 

前田 和

●1944年 熊本市生まれ
●熊本大学教育学部美術科卒 佐賀大学教育専攻科(工芸)卒
●2009年JR宇土駅東口モニュメント(W 5m×H 3m)製作
●2012年蒼土窯が熊本県伝統的工芸品に指定
●2013年「第33回全国豊かな海づくり大会―くまもと」で天皇・皇后両陛下御使用の湯呑を製作

 

 

 

2022 桃の節句展

 


 

 

 


日 時:令和4年1月12日(水)~2月27日(日)
    午前9時 ~ 午後5時

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 

内 容
 桃の節句は、女の子が優しく健やかに成長をすることを願い、各家庭で雛人形を飾る習慣があります。今回の展示会では、「雛人形」をテーマに様々な素材で製作した各地の作品を一堂に集めました。
 作品は、日本の伝統技術でつくった木目込人形や陶磁器の雛人形をはじめ、木地人形、七宝、藍染などコンパクトなサイズのもので、広いスペースを必要としない作品約70点です。

1.出展(品)者    

〇熊本県 / 一般社団法人くまもと工芸協会
                  ・陶人形 … 前田 和(蒼土窯) 
                  ・陶 器 … 岩本 久美恵(千金甲窯)
                  ・木の葉猿  … 永田 禮三
                  ・木目込人形 … 村田 加代子
                  ・藍 染 … 福永 幸夫
                  ・七 宝 … 和田 鈴子、鷹端 璃未(七宝・彫金)
          

〇福岡県  ・博多人形 … 博多人形作家有志

 

〇佐賀県  ・まめ雛シリーズ … 伊万里鍋島焼 畑萬陶苑 

 

〇島根県  ・木地人形 … 吉や

 

〇愛知県  ・彩色雛 … 亀井 桂子

 

 

 

 

2022  民工芸品まつり

~ 木づくりの郷土玩具 ~

  


 

 

日 時:令和4年1月7日(金) ~ 19日(水)
    午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 


内 容
 日本には、その土地の歴史や風土に深く関わりを持つ郷土玩具が、今も伝承されています。今回の展示会では、その土地に自生する樹木を使って製作した郷土玩具約150点をご紹介します。
 木を材料にしてつくった玩具は、こけしや独楽など東北地方に数多く伝承されていますが、三重県の伊勢玩具(刳物)や福岡県の太宰府木うそなど全国各地にも、数多くの郷土玩具があります。展示会では、木づくりの玩具を全国各地から集めました。

 

 

出展(品)者
北海道  … 八雲の木彫り熊 / 八雲町郷土資料館
青森県  … 津軽系こけし工人作品 / 津軽こけし館
        八幡馬 / 株式会社 八幡馬
岩手県  … 遠野の河童 / 木ばくり
石川県  … 米食いねずみ・もちつき兎 / 中島めんや
三重県  … 伊勢玩具 刳物 / 畑井刳物工房
和歌山県 … 郷土玩具 鶏合せ / 文左
鳥取県  … 木彫人形十二支 / おぐら屋
         鳥取のえと・木工立びな / 信夫工芸店
福岡県  … 博多おきあげ(押絵) / 清水 清子、清水 裕美子
                  久留米おきあげ /久留米地域地場産業振興センタ―(地場産くるめ)
                  太宰府木うそ / 太宰府木うそ保存会
長崎県  … 佐世保独楽 / 佐世保独楽本舗
熊本県  … きじ馬・花手箱 / 宮原工芸
                  おきん女人形・板角力人形 / 桑原 哲次郎
                  肥後こま / 竹原 栄太郎

 

 

 

 

 

伝統工芸ワークショップ

 

肥後象がんづくり

  


 

日 時  令和4年1月15日(土) 13:30~15:30

 

場 所  熊本市現代美術館 キッズファクトリー

 

講 師  稲田 憲太郎

 

内 容  肥後象がんの歴史を学び、作品づくりに挑戦して頂きます。作品は、ペンダントトップまたはストラップ、ブックマークのいずれかを選択して下さい。


材料費  3,300円

 

定 員  10人

 

対 象  18歳以上

 

その他  作品は、後日のお渡しとなりますので、別途送料500円が必要となります。

 

申し込み 令和4年1月5日(水)より電話受付開始

 

かわしり 竹の市

~竹工芸品まつり~

  


 
 

 

日 時:令和3年12月15日(水) ~ 19日(日)
    午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無料

 

 

 

内 容
 くまもと工芸会館の年間工芸教室は、工芸品づくりの後継者を育成するため、平成21年度から始まりました。竹工芸教室は、翌平成22年度に開講し、これまでに多くの受講生が竹工芸づくりの基礎を1年間学んだ後、講師の自主講座でより高度な作品づくりの指導を受け、技術向上に取り組んでいます。
 今回の展示会は、年間竹工芸教室を卒業した受講生たちが製作した手提げや花器、籠、ざる、玩具など約150点を一堂に集め、格安な価格で販売します。

 

出展(品)教室

〇藤谷竹工芸教室 講師:藤谷 幸也   …   受講生6人

 

〇岡部竹工芸教室 講師:岡部 弥生   …   受講生20人

 

〇沖竹工芸教室  講師:沖 靖幸    …   受講生20人

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。