春うらら 小石原焼展

~九州北部豪雨被害からの復興~

 


 

 

日 時:平成31年3月8日(金) ~ 17日(日)

    午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

共 催:小石原焼伝統産業会館  小石原焼陶器協同組合

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無料

 

 

 

内 容

 福岡県南部に位置する東峰村の小石原焼は、約350年の歴史を有し、独特の装飾技法で作る「素朴な暖かい生活の器」で知られます。昭和50(1975)年に国の伝統的工芸品指定を受け、「小石原地区」は伝統的陶器の産地として、全国にその名が知れ渡りました。しかし、一昨年の7月に九州北部を襲った豪雨で、小石原焼窯元の約半数が被災しました。

 今回の展示会は、「春うらら 小石原焼展 ~九州北部豪雨被害からの復興~ 」と題し、私たちが日常で使う食器や花器をはじめ、職人たちが丹精込めてつくった逸品など約1,000点を展示・販売いたします。

 また、会期中、小石原焼の歴史や人間国宝の福島善三氏の作品の展示、また、九州北部豪雨の被災状況を合わせて紹介いたします。

 

 

 

 

1.出展(品)者

  小石原焼陶器協同組合  44組合員(窯元)

2.特別出展(品)

  国重要無形文化財保持者(人間国宝) 福島善三氏作品

3.九州北部豪雨の被災状況(小石原地区)

  当時の小石原地区の写真、雨量、被災状況データ

 

 

 

 

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。